園ブログ

カブトムシの赤ちゃん

カブトムシの寿命は幼虫時代を含めるとだいたい1年~1年3ヶ月ぐらいだそうで成虫になってからだと1~3ヶ月くらい生きています。成虫の間にエサを食べ、この短い期間の中で子孫を残す活動まで行っているわけです。セミと同じく人間と比べると1日の重さが違いますね。

先月紹介した園のカブトムシは8月頃から次々と役目を終えて死んでしまい、年長児が夕方になると「ここに埋めよう」「こっちのほうがいいよ」と言いながらシャベル片手にせっせと園庭の片隅にお墓を作っていました。でもカブトムシがいなくなった飼育ケースの土の中にはメスが卵を産んで今、たくさんの幼虫が過ごしています。カブトムシ大好きI先生の管理の下、大事にこれから約10カ月、少しづつ体が大きくなって来年の夏には成虫へとなってくれたらいいなと思います。