園ブログ

手作りおもちゃを紹介しました

みずきこども園では親子ふれあい教室「ひなたぼっこ」を毎月開催しています。みずきや木越、大浦などの近隣の方が多く参加されていますが、住んでいる地域は違うけれど実家が近くで来て下さる方や、遠方のお友達を誘って来て下さる方もいらっしゃいます。

先日は、タオルと輪ゴムでできる人形やフィルムケースに布を巻いてタッパーなどに穴をあけてポットンと中に落として遊ぶおもちゃを紹介させて頂きました。タオル人形はこぶただけでなく折り方によってウサギやクマにもできるのですがなんといってもタオルの肌触りがなめらかで小さい子も大人もついつい触ってしまう気持ちよさです。そのタオル人形のこぶたちゃんを使って今回は3匹のこぶたのお話をしました。今日のような人形劇だけでなくパネルシアターや絵本などのお話はお子さんはもちろんですがお母さん方がお子さん以上によく見て、真剣に聞いて下さるので担当保育士は実はドキドキなのです!!緊張しつつ、でもすごく嬉しい気持ちになります❤ 当園の親子ふれあい教室は予約はないので「みずきこども園ってどんなところかしら?」と思われている方も気軽に来ていただけたら嬉しいです。新しいお友達も大歓迎です!お待ちしています。

★年間スケジュールはこちらをご覧ください。

新しい仲間🐟

ひまわり組のRちゃんのおじいちゃんから大きな金魚を頂きました。園には前から小さい金魚が4匹いました。長生きしていたのですが夏の間に2匹がお星さまになってしまいました。今いる2匹より大きくて圧倒的な存在感で子ども達は水槽に釘付けです。黒い金魚は黒出目金、白い金魚は和蘭獅子頭です。仲良くヒレをヒラヒラと優雅に泳ぐので子ども達は水槽の前で「わぁ~」「かわいい」「おっきいねぇ~」と目を真ん丸にさせて興味津々、お迎えに来たお母さん方も「あらキレイ!」「すごいわねぇ」と立ち止まっていかれますよ。もちろん職員も癒されています❤

 

学びのコーナー

秋にサツマイモの大きさや重さを考えてみるコーナーがありました。今度は長さを考えてみるコーナーができました。今回は海賊からの出題があり、爆弾の紐や毛糸をグルグル画用紙に垂らしてあって長いほうを当てます。お母さんや友だちと一緒に考えたりした答えを書いてポストに入れていますよ。今回も後日、答えを発表する予定です。

みずきの運動会

秋晴れの空の下、こども園になって初めての運動会が無事に終わりました。かけっこや障害走では自分の力を出して走り、遊戯や体操はのびのびと演技していたみずきっこ。中でも毎年恒例の年長児の畳のぼりはたくさんの歓声と拍手が起こっていました。わが子でなくともひときわ応援の声が大きくなるこのプログラムはこれからもずっと続けていきたいと思っています。未就園児の親子も12組も参加して下さいました。みんなが今できることを頑張った運動会。みずきこども園の旗もこれから次の年長児へと受け継がれていきます。来年はまた成長した姿を見せてくれることと思います。閉会式後にみんなの胸にはお家の方の手作り金メダルが輝いていましたよ。

芋ほりをしたよ!

木越町のみずきっこ農園へ芋掘りに行きました。いつも畑のお世話をして下さっている青沼さんやキッズサポート隊の平さんたちにも手伝って頂きました。実は運動会があった日の夕方に職員みんなでつる切りをしたので子ども達には掘りやすい状態になっています。(職員、本当によく頑張りました♪)
暑い日も年長年中児が水やりを頑張ったサツマイモ畑。大きな大きな芋がたくさん採れました。掘ったお芋は皆で分けておうちで大学芋やスイートポテト、芋きんとんにしてもらって食べた子もいました。このサツマイモを使って、ひまわり組がめった汁を作ってみんなにご馳走してくれます。他のクラスもクッキングやいも版あそびをしたりするのに使いたいと思います。