園ブログ

近江町市場へ行きました

金沢市民の台所である近江町市場へひまわり組が2日間に分けて行ってきました。今回は陽風園のマイクロバスではなく、バス停から北鉄バスに乗って行ってきました。当日は保育参加期間中なのでお母さんお父さん数名も一緒です。普段、登降園もお出かけ時もお家の人の車に乗っている子がほとんどなので、こういうバスに乗るのは初めての子もいました。

バス同様、近江町市場に初めて来た子も多く、いろんなお店と店員さんの威勢のいい声が響く中、興味津々で見学&散策。事前に保護者にお願いして子ども達はお小遣いを持っており、そのお金でお家の人と相談して決めた物(果物や野菜など様々です)を自分たちで買いました。自分で商品を探し、どれにしようか悩みながら買う子もいたようです。クラスの中にはお店の人からお釣りをもらった子もいました。保育士がその余った数百円を「使ってもいいんだよ」と話すと他にも商品を買った子もいたのですが「お母さんが働いて、もらった大事なお金だからこれはお母さんに返す」と言って全く使わなかった子が2人いたそうです。その子のお母さんにこの話をしたらきっと涙ぐむのではないかなぁと思うくらい、心があたたまりました。日頃、一生懸命働いているお母さんの姿を子ども達はしっかり見ていますよ。

里山自然教室に行きました

いつもは年長ひまわり組が行っている里山自然教室に今回は初めて年中ゆり組が参加しました。お天気もよく、初めて園のバスに乗ることもあってすごくウキウキ♪実際に自然物を手に取って見ることができたり、中には食べられる実もあることを教えてもらい、山への興味が深まっていったようです。

でも反面「山だから」「自然だから」「持ち主がいないから」という思いでいくつも実を取ったり、葉をちぎったり、引っこ抜いたりする子もいました。山や自然の中にお邪魔するという気持ち、皆のことを思う気持ちの薄さも感じました。日頃、保育の中でそういう気持ちを考えることは少なかったのでこれから生かしていきたいと思います。

ハロウィン②

2歳児たんぽぽ組の子ども達はオバケのお面を作ってハロウィンごっこを楽しみました。ビニールで作ったマントもつけてダンスを踊ったり、年上児の作った作品の前で写真撮影をしたり、そのままの格好でお散歩もしました。マントをすごく喜んで家でも大事につけていたり、兄弟に貸してあげたりしていた子もいたそうですよ。