園ブログ

お餅つきと繭玉作り

お手伝いに来て下さった田村さん、浦さん、高桑さんとその仲間達が一緒に昔ながらの臼と杵で年長組が餅つきをしました。思ったよりも杵が重かったようで子ども達は「うわっ!重っ!」と言いながらも頑張っていましたよ。年下児も「がんばれー!」「よいしょー!よいしょー!」と応援しました。

お餅はあんこと黄粉をつけて皆で分けて頂きました。

 

年長ひまわり組は毎年恒例の繭玉(マユダマ)を作りました。繭玉は柳などの枝に繭の形に丸めた餅や米の粉のだんごを多数つけたもので昔は繭の豊収を祈って小正月に作っていました。農作物の順調な生育を祈願する意味もあり、今はお正月の縁起物として飾るようになっています。金沢市の花と緑の課から頂いた柳の木に紅白のお餅を小さくちぎって交互につけていきます。手にくっつくお餅に悪戦苦闘しながら頑張りました。今年もあと数日。良い年を迎えられますように・・・。

ちょっぴり早いクリスマス🎄

園内はクリスマスツリーと共に、各クラスで作ったクリスマス製作が飾られてとても綺麗です。22日に早めのクリスマス会をしました。子どもの日や七夕などは3,4,5歳児でしているのですが初めて2歳児たんぽぽ組の子ども達も年上のお兄さんお姉さん達にまざって参加しました。毎年クリスマス会の日はいつもよりちょっとおしゃれしてきていいですよ!とお知らせしていることもあり、男の子はネクタイをしたり、女の子はふわふわのワンピースを着てきたり、もちろんサンタクロースの衣装を着てくる子もおり、朝からウキウキしている子ども達です。

クリスマス会の始まりは保育士達のトーンチャイムの演奏から始まりました。真っ暗なホールでのキャンドルサービスは年長組の女児5人も火の精になってお手伝い。白いベールをつけてもらうのでゆり組やさくら組の女児は「かわいい・・」とうっとり💚 火の女神役に扮した保育士から火を受け取り、キャンドルのほのかな灯りで幻想的な雰囲気になりました。

保育士の劇中になんとサンタクロースが登場!!「わぁ~っ!」「サンタさんや!!」と歓声が上がります!各クラスにプレゼントが渡され、サンタクロースに握手してもらいました。プレゼントのお礼に”あわてんぼうのサンタクロース”の歌を歌うと、サンタクロースが拍手してくれ、大喜びの子ども達。楽しい時間を過ごしました。

3~5歳児はその後、久しぶりに縦割りクラスに分かれて会食。給食先生がポテトサラダの上に星形のニンジンを乗せてくれ「お星さまのにんじん乗っとる!」と喜んでいました。

 

サンタさんがやって来た?

「よい子のみなさんメリークリスマス!!」と言って朝、サンタさんがやってきました。でもあれ・・?いつも聞いてる声だけど、いつもの笑顔だけど・・?と小さな子ども達は不思議そう。大きい子らは「わぁ!平さんがサンタになってる!」と驚きつつ、すごく嬉しそう。

毎朝、小学生の登校を見送った後に必ず園に寄って下さるみずきこども園キッズサポート隊・隊長の平さん。その平さんがクリスマスも近いので園にサンタクロースの格好でやって来てくれました。「プレゼントがないからサンタじゃないなぁ」と笑う平さん。でも毎朝、晴れの日も雨の日も雪の日も、その笑顔と元気で子ども達を見守ってくれることが最高のプレゼントだなと思います。

表現会が無事に終わりました

ステージの目の前にいる自分のお父さんお母さん、そしてたくさんのカメラに緊張してしまった子や手を振り続けていた子もいましたがどの子も自分にできる表現を頑張った表現会でした。去年よりまた成長した姿を見て頂けたのではないかなと思います。特に最後の表現会だった年長組の保護者の方は大道具の出し入れも自分たちでし、動きやセリフも考えた「スイミー」の劇や、手話にも挑戦した「きみにあえてうれしい」を聞いて感動し、涙されている方も多かったです。

さて表現会が終わるとみんなが楽しみにしているクリスマス会や餅つきもあります。2017年もあと少し。みんな元気に過ごして新年を迎えたいですね。

もうすぐ表現会

明日はさくら・ゆり・ひまわり組の表現会があります。今日まで劇や合奏など子ども達は頑張って練習していました。明日、大好きなお父さんお母さんが見に来てくれるのを楽しみにしている子も多いようです。昨日はビデオ&写真撮影があり、おじいちゃんやおばあちゃんに見て頂き、緊張していた子もいたけれど見て頂いたことで自信がついた子も多かったようです。風邪などひかないで皆が参加できるといいなと思っています。