園ブログ

3月に卒園した1年生が遊びに来てくれました!

みずきこども園では毎年夏休みに3月に卒園した1年生と年長ひまわり組との交流会をしています。「先生おはようございます!」「こんにちわ!」と大きな声で挨拶する1年生。日焼けした子、グンと背がのびて大きくなっていた子など元気いっぱいです!ひまわり組は1年生に質問したいことを考えていて当日、学校や勉強のこと、宿題やランドセルのことなどを聞いていました。「先生の話を聞くことが1番大事やよ」「勉強も先生の話を聞いとれば大丈夫やし」と教えてくれたようです。

その後は駐車場でのスイカ割りをしたりホールでドッジボールをしたりしました。スイカ割りは「○君、もっと前!」「まだ叩いたらダメやって!」「頑張れ~!」と盛り上がりました。その後1年生にとっては懐かしいカレーライスを一緒に食べました。ひまわり組は1年生と競って張り切って何杯も食べ「お腹苦しい・・」と食べ過ぎた子もいましたよ。いつまでの憧れの年上児。ひまわり組が1年生になったら、きっといろいろ優しく接してくれ、頼りになるだろうなと思います。その時はよろしくね!

縦割り保育が終了しました

約一か月の間、3,4,5歳児で過ごした縦割り保育。最後の日に月、星、虹の各クラスでお別れ会をしました。優しいお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に過ごしてさくら組の子らは名残惜しそうな子も多かったけれど年下児の世話をしていた年上児は元の年齢のクラスに引っ越してホッとしている子もいました。

縦割り保育によってお兄さん・お姉さんから優しく接してもらった経験をした年下児は、きっと自分が年上になった時に小さな子の世話を積極的に行えるようになると思います。そして年上児は、自分より年下の子供と接することで、思いやりや優しさなどを学ぶことができ、自己肯定感や自信を持つことができます。

これから園では9月に敬老の日にちなんで園児のおじいちゃんおばあちゃんを迎えての遊びの会、10月には運動会があります。いろんな子たちとふれあい過ごした中で仲良くなった子も多いので互いに刺激しあいながら、応援や声援が多い会になればいいなと思います。

小学生と園児との交流会

毎年、夏休み期間中に小中学生と園児との交流会をしています。午前中の短い時間だけですが今年も約60名の小学生が遊びに来てくれました。卒園生だけでなく、園児の兄姉が友達を誘って来てくれるのでいろんな学年の子がいます。自分たちより小さい園児達にどう接したらよいかわからない子や、「もう疲れた~」という子、園のおもちゃが珍しくて夢中になって遊ぶ小学生もいますが、照れながらも優しく一生懸命関わってくれた子もたくさんいました。みずきっこも優しく、困っていることを手伝ってくれるお兄ちゃんお姉ちゃんに憧れのまなざしでいっぱい遊んでもらった子もいましたよ。

そんな小学生たちとのお別れの時。別れが寂しくて泣いてしまう子もいたくらい、お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きになったようです。冬休みの時にも予定しているのでまた遊びに来てくれたら嬉しいです。