園ブログ

冬の自然体験教室

今年度、年長ひまわり組が1年に渡って計3回行っていた里山自然教室の最後の日。今回は雪の里山です。スタッフの方から事前に雪の積もった山や森で遊ぶにあたって服装の準備をお願いされ、いつもよりも重装備でした。なぜならば雪が積もると想定外のことも起こる可能性があるので準備はバッチリしておかないといけないのです。

今年はあまり雪が降らず、この山での雪遊びが初めてだったひまわり組。だからかスタッフの方の話もそこそこに雪遊びが始まってしまい、本当は雪山の散策、探検を先にする予定だったのですが予定を入れ替えて雪遊びを先に楽しみました。

この自然体験は子どもももちろんですが保育士達も毎回ワクワクしていて「自然の中には楽しいものがある、発見がある」と今まで以上に感じることができました。子ども達も園内の生活とは違う子らがこの自然体験教室では張り切り、積極的な姿を見せてくれます。

4月からも引き続き、今度は新年長児が体験する予定です。どんな発見や成長があるのか楽しみです。

新年会をしました

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。2019年になり初めての集会である新年会を2~5歳児で新年会をしました。登園してくると視診の場所に今年も大吉入りのおみくじを用意しました。大吉に当たると園長先生や給食先生と今日は一緒にご飯が食べられます。いつもなかなか一緒に食事することがない先生と食べられるので大吉だった子ども達は嬉しそうでしたよ。

会では干支の話を聞いたり、みずき神社でみんなでお参りしたりしました。保育士手作りの獅子も登場し、2歳児の子らはびっくりして泣いてしまいましたが大きい子らは慣れっこなので嬉しそうに頭をアムッと噛んでもらい、 お年玉(中身はおせんべいです)をもらいました。その後、3,4,5歳児は紅白のチームに分かれゲーム大会をしました。今日だけは服装も紅白に分かれています。勝ったチームには得点が入ります。途中まで白組がリードしていたのですが、ひまわり組が最後に頑張り、今年は同点引き分けになりました。