園ブログ

木登り第1号🌳

今週になって気温がグッと低くなっていますが今日はまた太陽が顔を出し、みずきっこは園庭や近くの公園で遊んでいます。みずきこども園の園庭はそんなに広くないのですが開園当初からドングリがなる木が1本あります。初代園長の宮本先生が「いつか子ども達が木登りできるように!」と願いを込めて選んだ木です。今まで毛虫が発生したり、鳥が巣を作ったり台風の強風や積雪で枝が折れてしまったりしたこともある木なのですがずいぶん大きくなってきました。そして今日、開園して初めて年少さくら組がこの木に登ることに興味を持ち始めました。でもさくら組の身長では1番下の枝にすら全く届きません。「う~ん・・・」と考えて園庭を見回すといつも踏み台や机に使っているビールケースが目に入りました。「先生、これ使っていい?」「これなら届くかもよ!」とやって見ると「あっ!届いた!」そしてR君が初めて上の方まで自分で登れました。「R君すごい!」とびっくり。でもR君が登ったことで「僕も!」「私も!」と順番をついて挑戦していましたよ。さてこの様子を見て年上&年下児の反応が楽しみです。