園ブログ

卒園・進級記念の写真を撮りました

 年長ひまわり組から順番にホールで写真を撮りました。オシャレをして可愛い服やかっこいい服を着ている子も多く、今日は笑顔で登園してくる子が多かったです。写真を撮る時はさすが年長ひまわり組の子ども達はとてもステキであっという間に撮影が終わったのですが他のクラスは照れや緊張で肩に力が入ったり、ピースをしたり、変な顔をしてしまったりしてしまう子もいました。何枚も撮ったのでいい顔😊で写っているといいなぁ~と思います。

もうすぐひな祭り

もうすぐひなまつりなので玄関ホールに7段飾りのひな人形を飾っています。そして園内は子ども達の製作物が飾られ、明るい雰囲気になっています。駐車場の植え込みの梅の木にも白い花がたくさん咲いています。毎日コロナウイルスのニュースで大変ですが早く穏やかな春にならないかなぁと思います。

平さんの交通安全教室

みずきキッズサポート隊の平さんが年長ひまわり組に小学校に上がる前に大切な交通安全のことなどをお話しに園に来てくださいました。紙芝居やポスターを見て「車を運転している人もいろんな人がいる」「信号は青でもしっかり左右を確認して渡ること」「優しい声を掛けてくる人でも怖くて悪い人がいる」など自分の命を大切に守るための大事なお話を丁寧に話してくれました。その後、実際に不審者が来た時に大きな声を出したり、すぐに走って逃げたりすることを実際にやってみました。

4月に1年生になるひまわり組が今日のことを忘れず、自分の命をしっかり守って小学校生活を送ってほしいなと感じました。

 

ヤクルトさんの乳酸菌教室

今日の子育て支援教室「ひなたぼっこ」では乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトからスタッフさんが来て「おなかの中を健康できれいにしよう!」というテーマでお話をしてもらいました。大腸や小腸の働きや長さがわかるエプロンを使ってのお話を聞き、ダンスを一緒にしました。最後にヤクルトのプレゼントがあり子ども達は美味しそうに飲んでいましたよ。

鬼が来たゾ!

今年の節分は週明け月曜日。朝から「鬼が来るから怖い」と登園を渋る子が数名。半面、送ってくる保護者の方は笑顔だったりしています(笑)

そんな中、節分の会をしました。ホールで集会をしている間、「いつ鬼が来るのだろう」と入り口の方を何回も見てドキドキの子ども達。ちょっとした音にもビクッと反応します。会が始まって鬼が現れると走って逃げる子や友達の後ろに隠れる子、泣いちゃう子や先生にしがみつく子もいました。ひまわり組はこの日のために「戸に鬼の苦手な柊の葉っぱを付けて園の中に入れないようにしよう」そして「ラグビー日本代表のようにタックルをして金棒を奪おう」という作戦を練っていました。自分達もですが1番大きいお兄ちゃん&お姉ちゃんだから年下の子を守らなきゃという使命感があるからです。

が・・・・勇気のある女児(SちゃんMちゃんとKちゃん3人組)は豆をぶつけますがさすがに鬼を目の前にすると近づけず、しびれを切らした担任が先陣を切って金棒を取りに行くと、この3人が頑張って取りに行きました。観念した鬼は降参、さっきまで逃げていた子ども達も恐々、でも興味津々で聞いていましたよ。

 

 

 

ひまわり組の昼食は特別メニューで自分たちで手巻き寿司を作って今年の恵方を向いて食べてました。鬼と戦い、話を聞いたひまわり組。ちょっと誇らしげです。早く春になるといいですね。

 

 

今年は午後から恒例の炒り豆おばあさんがやって来ました。年少児~年長児は年の数だけ食べました。去年ことを覚えていて「新潟から来たんやろ?」「なんで今年は来るの遅かったん?」と質問攻め。(いつもだったら午前中に来てくれるんです)「今年はな、電車が止まって来るのが遅れたんじゃ」「歳やし歩くのも大変なんや」とのこと。炒りたての豆はいい匂いがして、よく噛むと甘くって「もっと食べたぁい」と言う子もいました。でもね「たくさん食べ過ぎるとひげが生えてきてしまうんじゃぞ!わかったかい?」と言われ我慢してました。