園ブログ

スクラッチ画に挑戦!

スクラッチ画のスクラッチとは「ひっかく」「こすり取る」という意味の英単語です。さまざまな色を紙全体に下塗りし、その上にかぶせるように黒や濃い色で塗りつぶしたあと、上の色をひっかいて削り取ることで下の色を出す絵画技法の一つです。今回は幼児でも挑戦しやすいクレヨンを使ったスクラッチ画をひまわり組がやってみました。

 

去年、ひまわり組がまだ年中ゆり組だった時の表現会で「くれよんのくろくん」という絵本の劇をしました。その中でくろくんが塗りつぶしてしまうシーンがあるのですが活動に入る前にその絵本を読んでもらって表現会のことを懐かしく感じた子もいたようです。自分の好きな色で色塗りした後にくろくんのように丁寧に黒色のクレヨンで塗りつぶしていました。「本当にいいの?」「きれいな色が消えちゃったけど大丈夫?」と感じていた子もいましたが竹串でひっかいて絵を描いていくと「きれい!」とすごく驚いていました。素敵な作品が出来上がり、今、展示中です。