園ブログ

林檎狩り

年長ひまわり組が石川県農林総合研究センター農業試験場へ林檎狩りに行きました。林檎が木になっていることはわかっているのだけれど実際に見たことがない子がほとんどです。だから現地に着くと「わぁ!あんなにいっぱい林檎ある!」「うまそう!」と歓声が上がっていました。でも「意外とちっちゃい木だなぁ」とポツリという子もいました。きっと大きな木を想像していたんでしょうね。

 

県内各地からたくさんの幼稚園&保育園が参加していたこの林檎狩り。係の方のお話を聞き、いろいろ問いかけられましたが他園のお友達は元気いっぱいに大きな声で答える中、ひまわり組は静かです。意外!?いつものにぎやかさはどこ行った・・・?そして「今日みんなに取ってもらう林檎の名前はわかりますか?」と職員の人に聞かれて、これはすぐに答えられるだろうと思っていたのにひまわり組はまたもやシーン。出かける前に「秋星っていう名前の林檎だよ」とS先生に聞いていたのに・・・誰も答えられませんでした。後から聞くと「忘れてしまった」という子もいれば「私はちゃんと言ったよ」という子もいましたが小さな声しか出なかったようで…人の多さに圧倒されちゃったみたいです。

 

さて、石川県産のオリジナル林檎「秋星(しゅうせい)」が実る木から自分で選んで、1個もいできました。「大きいの取るぞ!」とよく見て選んで、真っ赤な林檎が手にズシッと乗ると「うわっ重い!」とちょっと驚いていました。林檎は自分でもいだ1個と、お土産でもう1個もらいました。園に帰ってからS先生が「小さい子達は行けなかったから分けて食べさせてあげようよ」と言うと「え~っ!!!」とちょっと不服そう。だってみんな林檎大好きだもんね。でもちゃんと分けてあげましたよ。早速、給食のデザートに頂くことができて「美味しい!」「秋星って最高やね!」とニッコリ。とても良い経験ができました。

芋ほりしたよ!

春に植えたサツマイモを畑に掘りに行きました。今年はゆり組が最初に掘りに行き、別の日にひまわり&さくら組が行きました。ゆり組が掘って来た大きな大きなサツマイモを見て「わぁ~でっかい!」「おばけイモだぁ!」と期待を膨らませていました。

いつもより大きなお芋で「焼き芋にしよう」「大学芋にしようか」等、お芋を見てお迎えに来たお母さんやおばあちゃん達と話していましたよ。みんな何にして食べるのかな?

p.s ゆり組が芋ほり中に何かの卵を見つけました。「カメの卵だ!」という子ども達と「もしかしたらヘビじゃない…?」と不安な先生達…。一応園に持ち帰り、飼育ケースにて観察中。うまく孵ってくれるといいけどカメじゃなかったらどうしよう!?

皆で宇宙旅行🚀

先月、十五夜で大きなお月さまを見たことをきっかけに月や宇宙に興味を持ち始めました子ども達。特に年長ひまわり組は七夕の頃にプラネタリウムを見てきたことで「宇宙にはどうやって行くのかな?」「どんなものがあるのかな?」など広い世界に興味津々です。この作品は5日にあった地域の大浦校下の文化祭に展示させて頂きました。今は玄関ホールに展示中です。

運動会

前日までの台風の雨風で土曜にするか、延期して日曜にするか迷っていたのですが明け方まで降っていた雨が止み、予定通り土曜に開催することができました!落ち葉を熊手で掃除したり、水たまりのある所は砂を入れて走っても滑らないようにしたり、草を少し刈ったりして公園のトラック内の状態を万全にするために職員総出で急いで準備をしました。
だんだん天気が良くなり、無事にすべてのプログラムを終えることができました。かけっこや障害走では自分の力を最後まで出して走ったみずきっこ!初めて運動会に参加した緊張で、練習どおりの走りができなかったたんぽぽ組やさくら組の子もいましたが遊戯や体操はのびのびと演技していましたよ。毎年恒例の年長ひまわり組の畳のぼりはたくさんの歓声と拍手が起こっていました。リレーもバトンが落ちたり思わぬところで転んだり、最後の最後にアンカーの子が抜かしたりしてドラマいっぱいで、年長児の保護者はほとんどの方が涙ぐんでいらっしゃいました。こども園最後の運動会、わが子の成長を感じていたのでしょうね。

閉会式ではみずきこども園の旗も来年の年長さんであるゆり組に引き継ぎました。みんなが頑張った運動会。来年はまた成長した姿を見せてくれるかな?閉会式後、みんなの胸にはお家の方の手作り金メダルが輝いていました。参加して下さった保護者の方、駐車場の整理をして下さったみずきキッズサポート隊の方、近隣の方々皆さんの協力に感謝します。

</p>
<p><span style=”font-size: 12pt;”>

今日のひなたぼっこ教室

今日は0歳児クラスのひなたぼっこ教室、そして離乳食の相談会でした。園で出している今日の食事を参加されたお母さん達に味見してもらい、来てくれた赤ちゃん達も試食してもらいました。ご飯やおかず、汁物もパクパクたべてくれましたが、デザートのリンゴもすりおろしたり、薄くスライスしてあったのでおいしそうに食べてくれましたよ。

中学生が職場体験中

浅ノ川中学校の1年生が10名、今日から3日間、職場体験に来てくれています。中には卒園生もおり、大きくなったけれど変わらない表情やしぐさに担任だった先生たちはホッコリ&ニッコリ(^^♪でした。
 みずきっこは担任そっちのけで中学生にくっついて「おにいちゃん♥」と言って膝の上に座らせてもらったり抱っこしてもらったり、大きいクラスになると「一緒に遊ぼう!」「私が先だったよ!」「手は僕がつなぐ!」など大人気すぎて取り合いになってケンカになることも…(笑) 小さいクラスの子は中学生が帰ってしまうと悲しすぎて後追いして泣いてしまう子もいました。

小さい子やこども園の仕事が中学生にどう写っているでしょう?感想が楽しみです。

明日も待ってるよ~!

運動会の練習中♪

運動会で1番出番が多い年長ひまわり組。毎年その年の子どもたちに合った体操や遊戯をしています。今年は旗を用いた演技をするそうで5色の旗が風になびいてとてもきれいです。

そしてリレー。鉢巻をして走る姿はほんとうにカッコイイ!転んだり、バトンを落としたりして順位が毎回入れ替わっているのですが、その結果に一喜一憂しながらもチーム内で順番を走者をかえる作戦会議をしたり、バトンの受け渡しの練習をしたり、一人一人が力と知恵を出して頑張っているようですよ。

運動会まであと2週間

今週は晴天が続いたので子ども達は園となりの瑞樹西公園で運動会の練習をしています。ホールで練習するのと外でするのとでは風も吹くので旗やポンポンが飛んで行ってしまったり、パラバルーンがあおられて技がうまく決まらなかったりします。公園は広いので間隔がうまく取れず隊形が崩れてしまったり、行進で列がバラバラになってしまうことも。かけっこではだんだん勝ち負けにこだわるようになり、友達に負けたり1位になれなかったりして悔しくて泣いたり拗ねてしまう子もいます。いろんな経験を通して心もたくましくなるかな?本番では大好きなお父さんお母さん達に応援してもらうのを楽しみにしているみずきっこです。

世界に1つだけのメダル

2歳児たんぽぽ組から年長ひまわり組までが参加する、みずきこども園の運動会は来月5日です。毎年、この運動会では閉会式に保護者の方から頑張った子ども達に金メダルを渡しています。その金メダルはお母さんたちに絵や飾りをお願いして作ってもらっています。世界に1つだけの、その子のためのメダルです。(土台のメダルは紙粘土で7月から職員が心を込めて手作りし、金のスプレーでペイントしています)

 

 

出来上がった金メダルは各クラスで展示しています。「これ僕のやよ!」と嬉しそうに教えてくれます。登園時は出来上がった自分のメダルを得意げに満面の笑顔で「先生、見て!」と持ってきます。部屋に飾ってある金メダルを見ながら子ども達は「〇ちゃんのカワイイっ!」「〇君の金メダルって〇〇やね」と楽しそう!

お迎え時にはお母さん達が出来上がったメダルを見て「〇ちゃんのすごい!」「こんなやり方もあるんだ~」と参考にしているようです。

さぁ!金メダル目指して、がんばれみずきっこ!

たんぽぽ組の壁面

お月見には有名な「中秋の名月」と呼ばれる日がありますよね。今年2019年のお月見は9月13日でした。この月見の日は実はその年によってかなりバラバラです。去年は9月24日でした。9月の満月の日にお月見ができればベストですが忘れていて10月は楽しみたい!そんな方は十三夜の前後を狙うのがベスト。今年の十三夜は10月11日(金)なので、この周辺の日でお月見を楽しんでみてはいかがでしょう?

 

さて、お月見の醍醐味といえば、やはり月見団子ですよね?園でも13日の午後のおやつは黄な粉のかかったお団子でした。今、2歳児たんぽぽ組の壁面にはそんなお団子のお月見の可愛い壁面が飾ってあります。のりでお団子に見たてた丸く白い画用紙を貼りました。個性豊かなお団子でとてもかわいいです。

1 2 3 4 5 6 21