園ブログ

みずきに鬼がやってきた!

今年は節分が日曜日なので1日に節分の会をしました。恒例の炒り豆おばあさんが作ってくれる炒りたての豆は年少児~年長児は年の数だけ食べました。たくさん食べたい子もいたのだけど「食べ過ぎるとひげが生えてきてしまうんじゃ」と言われ我慢我慢…。

ホールで集会をしている間、「いつ鬼が来るのだろう」とドキドキの子ども達。轟音と共にとうとう鬼が現れて走って逃げる子やカーテンに隠れる子、泣いちゃう子や先生にしがみつく子もいました。ひまわり組はこの日のために作戦を練っていて「鬼は外っ!」「出ていけ!」と勇気のある子は豆をぶつけ、その隙に別の子は金棒を取ってしまうという作戦を決行!金棒を取られた鬼は一気にパワーダウン。そこでひまわり組は「なぜ鬼が園に来たのか?」など聞きたい質問をいくつか聞いていました。さっきまで逃げていた子ども達も恐々、でも興味津々で聞いていましたよ。

ひまわり組の昼食は特別メニューで自分たちで手巻き寿司を作って今年の恵方を向いて食べてました。鬼と戦い、話を聞いたひまわり組。ちょっと誇らしげでした。

早く春になるといいですね。