園ブログ

勤労感謝の日こぼれ話

勤労感謝慰問で大浦交番に行った年長ひまわり組。交番に着いて1番に目に入ったのはパトカーよりも指名手配犯のポスター。「先生!この人誰?」と興味津々。「悪いことをしたのに逃げて警察に捕まってない人だよ」と答えると「え~!」「わっるいじ!」「そんなんダメやん!」「それって逮捕されてないってこと?」と口々に言っていました。年長児ともなると逮捕という言葉を知っていることにちょっと驚きです。

ひまわり組は前日から質問したいことをいっぱい考えていました。1番に何を聞くのかな~と思っていたら「牢屋ってどんなふうになってるの?」でした。悪いことをした人は牢屋に入れられるということはお家の人や絵本(かこさとしさんの「どろぼうがっこう」という絵本)で知っているようですがそこがいったいどんなふうなのかが知りたかったみたいです。そして次の質問は「銃(拳銃)はなくなったらどうなるの?」でした。「それはなくなったら大変や!お巡りさんはクビになってしまうなぁ~」とちょっと困り顔のお巡りさん。でも質問に丁寧に答えていただいてありがたかったです。子ども達はもっともっと質問したかったようですがまたの機会にしました。子ども達の着眼点が面白いなぁと思いました。