園ブログ

表現会が終わりました

先週土曜日に3,4,5歳児の表現会が終わりました。ステージの真ん前にいる自分のお父さんお母さん、そしてたくさんのカメラを見て、緊張してしまった子や照れ隠しでふざけてしまった子など本番は様々な表情、行動の子がいました。

運動会の時もそうですが、大勢の前で何かをするとき、緊張して普段の力が出せない子もいれば、逆に本番の方が堂々とパフォーマンスできる子もいます。本番に向けて同じように練習や準備をしていても、その結果を予測するときの思考パターンには大人もそうですが子どもによっても違いがあるからです。『これだけ練習したんだから大丈夫!』と思える子もいれば、どれだけ練習をしても不安が消えない子もいます。不安な気持ちのまま本番を迎える子は、やはり緊張が高まる傾向が強いのかなぁと感じます。多くの人に見られていることでどんどん気持ちが高揚して思わぬ行動に出てしまう子もいます。小さな心と体はいろんなことを感じていたのでしょうね。でもさすが年長5歳児は堂々としていて、どのプログラムも素敵でした。会が終わった後「年長さんになったらウチの子もあんなこともできるようになるかしら?」などの3,4歳児の保護者の方は思われたと思います。きっとできると思いますよ。

さて、今は子どももスタッフも、他クラスの劇の役を真似たり歌を歌ったり衣装を借りてきてみたりして劇ごっこを楽しみながら、でも「表現会は終わった!」という解放感でのんびりしているように思います。今週末はみんなが楽しみにしているクリスマス会、来週は餅つきもあります。令和元年もあと2週間。みんな元気に過ごして新年を迎えたいですね。